YouTube、ツイキャスなど色々…ライブ配信とはなにか解説!

YouTube、ツイキャスなど色々…ライブ配信とはなにか解説!

動画配信の技術が進歩し、環境も整備されたことで、ライブ配信を取り入れる企業・個人が増えています。そこで本記事では、ライブ配信とは何かについて詳しく解説します。

そもそもライブ配信って何?

ライブ配信とは、収録ではなくリアルタイムでユーザーが収録元の様子を視聴できるサービスのことを言います。テレビの生放送をインターネットの動画配信サービスなどを用いて行っているものと考えると良いでしょう。ライブ配信のメリットは、その場の様子をリアルタイムで視聴することで、臨場感を味わえることです。また、ライブ講義ではチャットなど視聴者とコミュニケーションが取れるツールを用いることで、その場でわからないことを質問できるというメリットもあります。

有料サービスと無料サービスはどう違うの?

ライブ配信は有料のものと無料のものに分かれます。それぞれ利用者層が異なり、ライブ配信のターゲットに合わせて使い分ける必要があるでしょう。それでは、有料・無料配信はそれぞれどんな人をターゲットとする際に使うべきか解説します。

無料配信は実験的にライブ配信を始めたいとき向け

無料ライブ配信のメリットは手軽さです。有料サービスだとライブ配信のための予算を組んで、それを承認してもらってやっと企画に着手できます。無料ならそれがないので気軽にライブ配信を始められるでしょう。よって実験的にライブ配信を行ってみたいと思っているときや、これまでライブ配信をしたことがなかったけれども、急ぎで最新のトレンドを発信したい場合などに向いています。

有料配信は既存顧客向けや企業の有益な情報を発信するときに

有料配信はお金がかかる分、セキュリティが強固なものとなっています。そのため、企業研修など機密情報を取り扱う場合に向いています。また、有料配信はサポート面でも優れています。よって、ライブ配信の担当者があまりITサービスに詳しくない場合もおすすめです。

サービスによって何が違うの?選ぶ際の着目ポイントを紹介

ライブ配信サービスには色々なものがあり、どれを選べば良いかわからないという人もいるのではないでしょうか。そこで有料か無料かの他にもチェックしておくべきライブ配信サービスのポイントについて解説します。まずチェックすべきなのが、オンプレミス型かクラウド型かです。オンプレミス型は自社でサーバーを構築し、ソフトウェアをインストールして利用します。導入コストや手間はかかりますが、オンプレミス型はカスタマイズ性に優れているのが強みです。それに対して、クラウド型はインストールの手間はなく、インターネット環境さえあれば利用できるのがメリットでしょう。ただしカスタマイズには制限があります。

また、同時参加人数に関しても確認しておきましょう。特に従業員の多い企業だと、安いライブ配信サービスを利用した際に、全員がライブ配信を視聴できないという事態に陥ってしまう可能性があります。そうならないように、従業員の人数に合わせたプラン・サービスを選択しましょう。

ライブ配信サービスは色々!自社に合ったものを選ぼう

ライブ配信サービスは色々なものが存在しており、サービスによって強みが異なります。ライブ配信を行うにあたってどんな機能が欲しいかを整理したうえで自社に合ったサービスを選んでください。