Microsoft Teamsのライブ配信とは

Microsoft Teamsのライブ配信とは

リモートワークに適したサービスは様々あります。そのうちのひとつであるMicrosoft Teamsのライブ配信について、サービス概要などを紹介します。

Microsoft Teamsのライブ配信の運営会社情報

Microsoft Teams(マイクロソフトチームズ)は、日本マイクロソフト株式会社が運営しているチャットや会議などを行うことができるサービスのことです。Office 365やMicrosoft 365のパッケージプランに含まれています。日本マイクロソフト株式会社は、マイクロソフトコーポレーションの日本法人です。1986年2月に設立した会社で、ソフトウェアとクラウドサービスなどを提供しています。住所は、(東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー)で、連絡先は(03-4332-5300)、企業ホームページのURLは(https://www.microsoft.com/ja-jp/)です。

Microsoft Teamsのライブ配信の利用者数

Microsoft Teamsは、世界中で数多くの人々が利用しています。53の言語に対応しているほか、181の国と地域で利用することができる点が特徴です。1日当たりの利用者数は1億1500万人をこえています。リモートワークの導入が進むにつれて、今後も利用者数は増えると予想されています。

Microsoft Teamsのライブ配信の料金

Microsoft Teamsは、無料版と有料版の両方があります。無料版は、期間の制限はありませんが、利用できるサービス内容に制限があることは確かです。無料版でも、参加人数が300人のオンライン会議を開くことやチャットなどの基本的なサービスを利用することができます。ただし、セキュリティや管理体制、サポート体制には制限があります。有料版は月額540円のプランと月額1,360円のプラン、そして月額2,170円のプランがあります。

Microsoft Teamsのライブ配信のサービス概要

Microsoft Teamsとは、オンライン会議をはじめとして、チャット、クラウドストレージなどを行うことができるビジネスチャットツールです。およそ10ギガバイトの共有のワークスペースにファイルをまとめることができるため、場所を選ぶことなく仕事をすることができるという点が特徴といえます。会議は、音声のみの会議にビデオ会議、そしてチャット会議など目的に合わせて選ぶことができ、その会議の様子を録音、録画することも可能です。また、スケジュールの設定を行うことができるほか、投票機能も付いているので、会議内でアンケートをとることもできます。

マイクロソフトのサービスなので、ワードやエクセル、パワーポイントなどの資料を簡単に共有することができる点も特徴といえるでしょう。多種多様な使用シーンを想定しており、ビジネスだけではなく、個人間での利用もできます。業種も問わず、教育機関や医療機関など幅広く利用されています。プライベート配信をすることも可能です。

Microsoft Teamsがおすすめの相手

オンラインワークをすすめている企業や多業種とのかかわりがある企業、資料を共有しながら会議を進めたい企業におすすめのサービスです。マイクロソフトを活用している企業にもおすすめです。

Microsoft Teamsのメリットとデメリット

参加人数が多い、多種多様な形態の会議を開くことができ、資料の共有も簡単に行うことができる点がメリットです。画面の共有もできるので、プレゼンテーションなども容易に行うことができます。会議の計画も立てやすく、セキュリティがしっかりしているので安心して会議を開くことができることがメリットです。反対にプライベート配信機能を特別特化させているわけではないので、限られた人にだけ情報を伝えたい場合には、手間がかかるのでデメリットといえます。また、ほかのスタッフのスケジュールを確認することはできないので、連携がとりにくいという点もデメリットとなります

Microsoft Teamsのライブ配信を活用しよう

Microsoft Teamsは、ビデオ会議もチャットの会議も行うことができる優れたビジネスチャットツールです。資料の共有もしやすく、多種多様なメリットがあるので、利用してみてください。