初心者必見!ツイキャスのライブ配信について解説します

初心者必見!ツイキャスのライブ配信について解説します

ライブ配信が身近になり、これから挑戦してみようかと検討中の方も多いことでしょう。ここでは、ライブ配信サービスのひとつ、ツイキャスのメリット・デメリットなどを紹介します。

ツイキャスの運営会社

ツイキャスは、モイ株式会社 (Moi Corporation)が運営しているライブ配信サービスです。モイ株式会社は2012年2月29日に設立し、本社は東京都千代田区にあります。ホームページのURLはhttps://about.moi.st/ja/です。ツイキャスのユーザーは10代~20代の若年層が多く、ユーザー数はついに3000万人を超えました。一部機能を除き、基本的には無料で利用することができます。パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットなどにも対応していることも、多くのユーザーに支持されている理由でしょう。

ツイキャスでできること

ツイキャスでは、動画配信はもちろん、ゲーム配信やラジオ配信(音声と静止画)などが行えます。ライブ配信を録画して公開することも可能で、その録画動画をYouTubeに投稿することもできます。配信は1回30分を上限としており、30分が経過した場合は自動的に終了する仕様です。しかし、視聴者からコインを5枚もらえれば、最大で4時間、配信を延長することができます。また、視聴者数やトータルの配信時間にともなってレベルが上がっていき、使える機能が増えるといった特典もついています。登録も簡単ですし、TwitterやFacebookのアカウントを持っていれば新規登録せずにそのままログイン可能です。

他には、コラボ配信やプライベート配信といった機能もあります。コラボ配信とは、他のユーザーと一緒に配信することです。プライベート配信は、合言葉を知る人のみが視聴することができます。不特定多数の人に見られることを避けたいという場合は、プライベート配信を利用するのがおすすめです。プライベート配信に似たものに「グループ限定配信」もあります。グループ限定配信は、承認したユーザーのみで構成されたグループを作成し、そのグループ内で配信できるという機能です。

ツイキャスのメリット・デメリット

ツイキャスのメリットは、音質と画質のクオリティが高いことです。動画配信においては音質と画質は重要なポイントであり、視聴者にとって快適な視聴環境が整っていることで、自分の動画を支持してくれるファンを増やすのに役立つでしょう。ちなみに、視聴者とリアルタイムでやり取りができる機能もツイキャスには備わっています。評価ボタンがないので、精神的なダメージが少ない点も魅力といえます。悪い評価を故意につけるようなユーザーが存在しないため、いわゆるアットホームな環境なのです。

一方でツイキャスのデメリットは、収益化できるまでの道のりがハードな点でしょう。動画視聴による収入を得るためには、「18歳以上かつ直近3か月の累計視聴時間が1,000時間以上」という条件をクリアしなければなりません。ざっくり計算すると、1日あたり約10時間の視聴が必要になるということです。コアなファンを獲得するまでは、いろいろと工夫が必要でしょう。

まずは無料で気軽に配信してみよう

ツイキャスは、スマートフォンからでも気軽にライブ配信をすることができます。基本的には無料ですから、まずは使い勝手を試してみましょう。